ラブローションの使い方!グリセリン等の成分と種類による使い分け方

ラブローションの成分と種類別の使い方のポイント

ラブローションの使い方

独特な感触により新たな刺激を与えたり、サイズの合わない男性器を入れたりと、セックスの補助に使われるラブローションですが、主成分で出来ているかは意外と多岐にわたります。

ラブローションは、ポリアク系・シリコン系・ポリクオ系・カルボマー系・グリセリン系に分類されます。
 
ラブローションの使い方
 
種類が違ければ性質も違い、適した使い方も違うものです。なんらかの目的でローションを使うのならば、成分による違いを把握しておきましょう。

ローションの主成分は水と添加物ですから、お肌に刺激はありませんが、ポリアクやローションに含まれる増粘剤がお肌の乾燥や肌荒れの原因になることがあります。

お肌が敏感な方は使う前にパッチテストを行ったり、使用後には早めにしっかり洗い流すことが大切です。
 

ポリアク系ローションはスタンダード

ラブローションの使い方
 
市販されているローションの中で、一番流通量が多く、手軽に入手できるローションがポリアク系ローションです。

主成分であるポリアクリル酸ナトリウムは安全性が高く、デリケートな部分に接する生理用品やオムツにも使われる他、パンやソースなどに食品添加物としても使用されるので、口に含んでも問題ありません。

粘性もとても高いので伸ばしやすく、全身に塗るなど広い範囲に使いやすいローションです。

ラブローションの使い方

ラブローションの使い方

しかしポリアク系ローションは粘性と吸水性が高いので洗い流しにくく、残ったローションが肌の水分を吸い取り乾燥させ、肌荒れの原因になりやすいのがデメリットです。

また、洗い残したローションは雑菌が繁殖してしまうので、使用後に洗いにくい膣内に使用すると、後々衛生面で問題になる事もあるので、膣内に使うには向きません。

もし膣内に入ってしまった時は、ビデや洗浄ポンプなどを使って、できるだけローションを残さないように念入りに洗い流しましょう。

また、お肌のヌルヌルがなかなか取れないときや ディルドなどアダルトグッズを利用するときに使った場合は、洗い落とすときに塩を使いましょう。

ラブローションの使い方

ラブローションの使い方
 

ポリアク系ローションの特徴
●価格が安くコスパは最高
●商品のバリエーションが豊富
●ぬるぬる糸引きローションでエッチに遊びたい
●ねばねばが水洗いだけでは落としづらい
●肌に残ると乾燥し、肌荒れの原因になる
●洗い落としにくく粘膜内に残りやすいので膣内には使わないほうがいい
ポリアク系ローション
Peace's(ピーシーズ)
Peace's(ピーシーズ)
NLSのショップポリシーである「安心と信頼」をカタチにしたオリジナルローション。無味・無臭の使いやすい一般的なローション粘度のポリアク系です。
業界初の製造年月日が刻印されたローションで製造から目標60日以内、最長でも3カ月以内のローションが新鮮な状態で届きます。底に製造年月日が刻印されています。
ペペローション 360ml
ペペローション 360ml
言わずと知れたローションの元祖!!20年以上の実績を誇るロングセラー!ソープでも使用されている商品です。
 

シリコン系ローションは潤滑性

 
ラブローションの使い方
 
滑りの良さをローションに求める場合、最も適しているのはシリコン系ローションです。

乾きにくさから高い潤滑性が長時間続く性質が有るので、特に体の方から潤滑液が出ないアナルプレイに向いており、シリコン系ローションの多くがアナル用の商品です。

デメリットとしては器具との相性の悪さが挙げられます。シリコン製の大人のおもちゃとは同じ成分で出来ているので成分が溶け出てしまう恐れがあります。

ただし、こうした融解の可能性はかなり低く、普通に使っているぶんには大丈夫なことがほとんど。
触れたら即溶け出すようなこともありませんので、あまり神経質にならなくてもいいでしょう。

シリコン系ローションの特徴
●あらゆるローションの中で潤滑性はトップクラス
●滑らかでさらっとしたテクスチャー
●乾きにくく潤滑力が長持ち⇒アナルプレイ向き
●落ちにくい(洗い流すのが大変)
●シリコン素材のアダルトグッズとの相性が悪い
 
シリコン系ローション
アストログライドX
アストログライドX
北米・ヨーロッパでローションといえば、日本のペペローションに代表される水溶性のものではなく、本品のような油性の商品が一般的と言われ、粘膜保護、滑りの持続の高さなどから、男女共に人気があります。特にアナル向けローションとしては定番中の定番です。
ブラン・シークレット(リッチシリコン)
ブラン・シークレット(リッチシリコン)
テクスチャーはサラッとしていて、まるでサンオイルのよう。スクワランやセラミド、アロエやコラーゲンなども入っているため、お肌や粘膜にもすこぶるやさしいのが魅力です。
 

ポリクオ系ローションは低刺激

ラブローションの使い方

肌が弱く肌荒れを起こしやすい事が悩みの方には、ポリクオ系ローションがオススメです。

化粧品や洗髪剤によく使われるポリクオタニウムという成分でできており、肌に対する刺激が弱いので、敏感肌であっても肌荒れを起こす心配なく ヌルヌルとした感触を楽しめます。

用途の幅も広く、自慰行為から性器・アナルへの挿入にも利用できる汎用性も魅力です。

汎用性に優れるポリクオ系ローションではありますが、万能型だからこそ、それぞれの性質は他のローションに劣っています。

同じヌルヌルタイプでも広範囲に広げたければポリアク系の方が伸ばしやすいですし、潤滑性と持続時間はシリコン系に敵いません。

ラブローションは特定の目的に合わせて使うものでもあり、その場合なんらかの機能に特化した物が優先されることが多いので、ポリクオ系ローションは種類が少なく見つけにくいのも難点です。

とにかく肌荒れを起こしたくないならポリクオ系がいいですが、用途に合わせた使い心地にこだわるなら不向きです。

ポリクオ系ローションの特徴
●シャンプーや化粧品に使われるほど人体への適合性が高く安全。
●ポリアク系並の潤滑力+低刺激
●ポリアクのように肌水分を吸収しないのがメリット(肌荒れが少ない)
●種類が少ない(=選択肢が少ない)
 
ポリクオ系ローション
アストログライドジェル
アストログライドジェル
上質な使用感に長時間の潤滑性能。コンドーム相性も良く高い保湿性能など全ての特性を一切損なうことなく、垂れにくいジェル化に成功。このジェルの素晴らしさを実感できるのは”女性”です。垂れない利点を活かし、行為の前に自身で仕込み体温まで暖められたアストロジェルは愛液そのもの。”濡れやすい女”に変わるのです。
男性が使う上でも塗りやすくベッドを汚す心配がないということで本国アメリカではアナル用途含め圧倒的な支持を得ています。
ボス・ラストリューブス(パウチ)
ボス・ラストリューブス(パウチ)
サラサラと滑らかなのに肌馴染みがよく、表皮に薄い膜を形成して、潤滑力を長時間キープ。携帯性に優れたパウチ型
 

カルボマー系ローションは洗い流しが簡単

ラブローションの使い方

ラブローションは後始末が面倒だから、気軽に使えるものが欲しいというのならば、カルボマー系ローションが良いでしょう。

カルボキシビニルポリマーという安全性を求められる基礎化粧品や化粧水に以前から使われていた成分を使用しており、ローションとしては比較的新参ではありますが、安全性は折り紙付きです。

サラサラとした感触で、簡単に洗い流すことが出来ることから、挿入時の愛液代わりにしたり、ローションマッサージにも適しています。

しかし粘性が弱いので水分がなくなりやすく、持続時間が非常に短いというのは見逃せない欠点です。

時間の掛かる行為に使うには途中で何度も継ぎ足しをする必要があり、度重なる中断から逆に興奮を冷ましてしまう可能性も高いです。

長時間に及ぶプレイには向かないので、あくまでプレイ中のアクセントとして使用したいという方向けのローションです。

カルボマー系ローションの特徴
●さらっとしていて粘度がない≒乾きやすい
●塗ると肌に潤滑力を与えるが、浸透はしない。
●肌に浸透しないので、ふき取るだけで落とせる
●長時間プレイや糸引きを求めるシーンには不向き
カルボマー系ローション
洗い不要ローション
洗い不要ローション
“ティッシュで拭くだけ”という、これまでにない使い勝手のよさがウケて、オナホ愛用者に絶大な支持を受けているローション。
 

グリセリン系ローションは潤いをサポート!デカチンに最適

ラブローションの使い方

セックスの際に男性器が大きすぎて痛みが問題になっている場合、最も相性のいいローションはグリセリン系ローションです。

グリセリンは浣腸剤や目薬などの敏感な部分に使用する医薬品にも使われており、充分な潤滑性を与えてくれますし、持続性も極端に短くないので、挿入時の負荷を安全に軽減することが出来ます。

また、水溶性で洗い流しやすいのも、洗いにくい膣内に使用するローションとしては無視できないメリットです。

このように挿入時のローションとしては非常に有効ではありますが、他のローションより単価が高いという問題があります。

挿入時の補助のためなら、多くの量は必要にならないのでそこまで問題にもならないのですが、それ以外の用途に使うとすぐに使い切ってしまいコストパフォーマンスが良くないので、ローションプレイには他のローションを使用して、グリセリン系ローションは膣挿入時の補助としてのみ使うのが無難です。
 

グリセリン系ローションの特徴
●コスパが良くない
●潤いサポート向きで、ローションプレイには不向き
●水溶性・糸引きやヌルヌルはなし
●簡単に洗い流せて安心&安全
●膣内に入っても問題なし
 
グリセリン系ローション
グラマラスジェル
グラマラスジェル
コンドーム「グラマラスバタフライシリーズ」のコンドームに使われているゼリーだけを集めた、愛液代替タイプの潤滑ジェル。
もともと本作はゴム素材と人体の摩擦を抑え、快感を損なわないように開発されている高性能ジェルですから、その特性は折り紙付き。
お気に入りのコンドームと合わせ、本作でたっぷりと潤いを与えてあげれば、性交痛とは無縁のラブラブ&快適なセックスができます
お尻の穴キレイキレイ
お尻の穴キレイキレイ
アナルプレイについてまわる事前のアナル洗浄。イチジク浣腸をモデルに簡単プッシュで便意を促す、手軽で最短の洗浄方法としてお勧めです。ラベンダーエキスによる殺菌・抗菌効果などのナチュラル成分でできており、便意の元となるグリセリンもしっかり配合。
 

ラブローションの使い分け・ざっくりまとめ

ラブローションの使い方

普通のエッチで使うラブローションは、グリセリン系であればコンドームと併用して使用することができます。また、グリセリン系のローションは水に溶けやすいので、体についたローションは簡単に洗い流すことが出来ます。

ポリアク系ローションも挿入時のみ使用することが出来ますが、使用後はしっかり洗い流すようにし、肌荒れに注意しましょう。膣内に入れるのは避けましょう。

カルボマー系ローションは、乾きやすいので長時間のセックスには不向きで、このタイプは男性がオナホに使うことが多いです。

シリコン系のローションや、カルボマー系ローションは、コンドームにつけないほうがよいです(全てではないかもしれませんので、使う前にトリセツを読みましょう) 

シリコン系のローションはオイルが使われているものもあり、コンドームが溶けたり、劣化に通じることがあるからです(大手メーカーのものはほとんど大丈夫と思われますが、念のため注意した方がいいでしょう)

ラブローションを舐める事の安全性は?コンドームが溶けるって本当?
ラブローションはほとんど水でできていますが中にはオイルを含んだローションもありコンドームと併用すると化学反応が起きてコンドームが溶けたり破れたりする可能性がゼロではないことも。コンドームと併用できるローションかどうかを必ず確かめてから利用…