【ラブローション】ローションの使用期限は?開封後 保管と廃棄方法

開封後のラブローションの使用期限と保管方法

ローション 使用期限 開封後

一般的に、ラブローションを安心して使用できる品質保持期限は、開封後約6カ月、未開封は3~4年が限界です。

アダルトグッズで使用されるラブローションは化粧品などのラブローションとは違い、毎日使用するというものではありません。

多くのユーザーがラブローションの保存・品質保持期限について疑問を持っているようですが、概して未開封の状態で冷暗所に保管してあるものは、3~4年間は劣化しないとされています。

それ以上経過したラブローションは、未開封であっても見た目上変わらない気がしても使わない方が無難と言えます。

古いラブローションの使用でトラブルがあった報告はないということですが、アダルトプレイに多く使われているがゆえに表沙汰にならない傾向があるため、業界でも現状を把握できていないのが実情のようです。

いずれにしても 直接肌に触れるものですから、できれば入手したら早めに使うことや使い切る、あるいは時機を見て潔く廃棄するほうがいいでしょう。
 
ローション 使用期限 開封後
 
ラブローション自体、素肌や粘膜に塗って使用するものなので、古いラブローションは衛生面や品質上念のため使用を避けるべきです。

すでに、開封したラブローションは、できるだけ早く使い切るか、購入した年月が分からない場合は 処分することをおすすめします。

一度開封してしまうと、ラブローション内に雑菌が入り込み繁殖がはじまり、時間が経つにつれ変色や劣化していき、品質が損なわれていきます。

開封した後のラブローションの使用期限に明確性はないものの、冷暗所に保管していても約6カ月限度。

6カ月で使い切れなかった場合、残ったラブローションはもったいながらずに処分することをおすすめします。

ローションの成分は90%以上が水で出来ているため、時間の経過とともに色が変色し劣化や腐敗が進みます。

実は余ったローションは意外に早くかびてしまうもので、保存期間が長ければ当然 雑菌も増えてきます。

ローションの中に白っぽい固形状のものが見えたり、少しでも異変を感じた場合は廃棄です。

基本的にラブローションは2~3カ月程度で使い切れるサイズを選ぶこと、常に新鮮な状態で利用できるように意識しておくことが必要です。

フレッシュなローション「ピーシーズ」シリーズ

 

製造日から2~3ヶ月以内に届くフレッシュなローション「ピーシーズ」シリーズ 5種
Peace's(ピーシーズ)
Peace's(ピーシーズ)
ポリアク系。無味・無臭の使いやすいスタンダードなラブローション。
Peace's(ピーシーズ) ラバーフィット
Peace's(ピーシーズ) ラバーフィット
ゴム製品・樹脂製品との併用に特化させた、馴染みやすさ重視タイプ。つまり…オナホやバイブ、ディルド、アナルプラグなど、樹脂やゴムでできているほとんどのアダルトグッズと相性がよく、表面への馴染みやすさはもちろん、粘膜との摩擦緩和&潤滑サポートもバッチリ。
少量であればティッシュで拭き取るだけでスッキリ落ちるため、いつものおもちゃ遊びをより快適かつ気持ちよくしてくれる、めちゃくちゃハイパフォーマンスなローションです。
ポリアクも入っていますがメイン成分はグリセリンなので肌になじみやすく、糸引きは控えめ。
Peace's(ピーシーズ) 高粘度
Peace's(ピーシーズ) 高粘度
ローション特有のネバネバと糸を引く、あのエロティックな潤滑フィーリングを思う存分に楽しめる仕様です。ネットリ濃厚な粘度をキープしながらもキメ細やかに糸が伸び、肌やグッズ表面にはみずみずしい潤滑膜が広がる、高粘度タイプとしては過去に例がないほどバランスのいいローションです。
Peace's(ピーシーズ) SAKURA
Peace's(ピーシーズ) SAKURA
カラーは淡い乳白ピンク。ボトルに入った状態だと、ちょっと濃いようにも思えますが、手に取って伸ばすと色はほとんど気にならず、シーツや下着を汚すような心配もありません。開封直後からフワッと漂ってくる桜の香りは、芳香系ローションの中でもかなり強めのアロマテイスト。フレッシュな果実のような、昔のシャンプーのような、はたまた流行りの柔軟剤のような、どこかやわらかくもフェミニンで、甘く清潔感のある男女ともに好感を持たれやすい調香です。
ニオイに敏感なためにフェラやクンニが苦手な方には、この香りが一助になりますし、それこそニオイが気になりがちな各種アナルプレイにもマッチします。使用後は洗ってもしばらく微香が残ります。
Peace's(ピーシーズ) スムース
Peace's(ピーシーズ) スムース
ラブローションのスタンダード的存在のペペローション 360mlPeace's(ピーシーズ)はお湯で薄めて使うことを前提としてきましたので、実はそのままでは少し濃いのです。アダルトグッズ上級者は自分の好みに希釈し使ったりしますが、初心者がそれをまねるのはちょっと難しいです。そんなスタンダードローションを初めから使いやすい濃度に希釈しているのがこのピーシーズスムースです。スタンダードがカルピスなら、このスムースはカルピスウォーターのような感じです。そのままさっと使えるベストな濃度です。
乾きにくいのでポリアク系につきまとう継ぎ足しが頻繁に起こらず、継ぎ足す際にも元から含水量が多いため、潤滑復帰がとにかくスマート&ナチュラル。

ラブローションの廃棄方法!捨てる時どうする?

ローションの廃棄

ラブローションは塩分を加えると液状化しますので、その特性を利用すれば簡単に廃棄できます。

実はお風呂でヌルヌルネトネトのラブローションプレイで遊んだ後、ラブローションを流したら、そのヌルヌルで排水溝が詰まってしまって大騒ぎに・・・という笑えない話があるんです。

ポリアク系ローションの廃棄

ラブローションの中でも特にポリアク系ラブローションは比較的粘度の高さが特徴で、大量に使うと処分するときにコツを必要とします。

それは廃棄前に、ラブローションに塩を混ぜ合わせておくこと。

塩分やクエン酸を混ぜると、ポリアクリル酸が塩分と反応し分解してくれる特性があるため、塩を少し混ぜるだけでヌルヌルした感じがなくなり、水っぽくサラサラになります。  
 
ローションの廃棄
 
湯船に溜まっているバスラブローションを排水するときも同様に 塩を混ぜ合わせ様子を見ながら、約半日そのまま放置してから流すようにすると、排水溝の詰まりを防止することができます。

この方法はカラダに付着したラブローションを落とすのにも役立ち、プレイの後シャワーでカラダを洗い流すとき、塩を少し肌に塗るだけで、あっという間にラブローションが落ちます。

ポリアク系ローション
Peace's(ピーシーズ)
Peace's(ピーシーズ)
NLSのショップポリシーである「安心と信頼」をカタチにしたオリジナルローション。無味・無臭の使いやすい一般的なローション粘度のポリアク系です。
業界初の製造年月日が刻印されたローションで製造から目標60日以内、最長でも3カ月以内のローションが新鮮な状態で届きます。底に製造年月日が刻印されています。
ペペローション 360ml
ペペローション 360ml
言わずと知れたローションの元祖!!20年以上の実績を誇るロングセラー!ソープでも使用されている商品です。

カルボマー系ローションの廃棄

カルボマー系のラブローションも同様に塩分で液状化しますが、カルボマー系ラブローションは大量に使用することが少ないので、拭き取りにはティッシュで拭いて処分するということが多いです。

カルボマー系ローション
洗い不要ローション
洗い不要ローション
“ティッシュで拭くだけ”という、これまでにない使い勝手のよさがウケて、オナホ愛用者に絶大な支持を受けているローション。

シリコン系ローションの廃棄

ラブローションの中で、最も廃棄しづらいものがシリコン系のラブローションです。

油分が主成分なので、普通に排水することを躊躇してしまいますが、ポリアク系のラブローションのように大量に使用するわけではないので、常識の範囲内で洗い流しても問題ないです。

古いシリコン系のラブローションを容器ごと廃棄する場合は、まず、中身をビニール袋などに移し、漏れないように縛り、各自治体の規則に従い「燃えるゴミ」として廃棄します。

シリコン系ローション
アストログライドX
アストログライドX
北米・ヨーロッパでローションといえば、日本のペペローションに代表される水溶性のものではなく、本品のような油性の商品が一般的と言われ、粘膜保護、滑りの持続の高さなどから、男女共に人気があります。特にアナル向けローションとしては定番中の定番です。
ブラン・シークレット(リッチシリコン)
ブラン・シークレット(リッチシリコン)
テクスチャーはサラッとしていて、まるでサンオイルのよう。スクワランやセラミド、アロエやコラーゲンなども入っているため、お肌や粘膜にもすこぶるやさしいのが魅力です。