風俗か出会い系か?「見かけはM男 中身はS男」にとって性欲発散向けなのはどっち?

風俗 出会い系45歳男性です。私はよく吉原に行きますが、どんなにタイプの女の子から攻められて気持ち良くなっても、オチンチンがあまり勃起せず、セックスが最後まで楽しめいことが多いのが悩みです。

勃起させようとして女の子がオチンチンを頑張ってしごいているうちに気持ちよくなってしまい、発射してしまう事があります。
 
私の外見はM男なんですが、どうも気質はS男のようです。

私が女の子を責めて気持ち良さそうにしている姿を見ると、興奮して すごくオチンチンが勃起します。

風俗で女の子よっては こちらが責める事をあまりさせてくれない場合もありますが、そんな時でも女の子が責めてくれただけで オチンチンがちゃんと勃起する方法があったら教えてください。

女性を責めて挿入もできる風俗はほとんどない

風俗 出会い系

風俗 出会い系自分がS男であり、責められるのが好きだとわかっているならば【責められて感じる】ということに固執する必要はないと思います。

そもそも、普通のセックスでは大抵は【男性側が責める】ことが基本的な流れです。

ですから、一般的な女性とのお付き合いにおいては、あなたのS気質は全く問題にはなりません。

ですが、【風俗】で遊ぶときには注意が必要です。

日本の風俗は海外とは異なり、色々な種類のお店があります。

ソープはその中でも、特に【責め】に重点を置いたプレイのお店なんですね。

ひと通りのマットラブローションや湯船でおこなうフェラなど、とにかく男性が責める側にまわることはほとんどありません。

この点を考えると、ソープは完全にM男や自分自身は動かないで気持ちよくなりたい人向けの風俗となります。

また、他の風俗とは違うのは【セックス】ができることです。

あなたは、挿入できてなおかつ女性を責めたいのですよね?

残念ながら そんな風俗はありませんから、風俗以外でセフレ女性を見つけるか、彼女を作るか、という選択しか残されていません。

では、【責められても感じるようになりセックスを楽しみたい】という方法はあるのでしょうか?

こちらは、もっと非現実的です。

そもそも責めたいのですから、責められて勃起させることは無理です。

なので ごく一般的な風俗遊びでは挿入にこだわらず【責めたい】欲求を発散したほうが あなた自身がストレスなく楽しめることでしょう。

では、どんな風俗が一番あなたに合っているか、性癖を発散させるにはどうしたらいいのかについて みていきましょう。
 

【性癖を発散するには風俗店選びがポイント】思い切ってM女専門風俗へ行ってみよう

風俗 出会い系

風俗 出会い系あなたの風俗店選びは、間違っていることは分かりましたよね。

では、どんな風俗店があなたのS心を発散させることができるのか?

スタンダードなデリヘルは男性が責めることが多いので、利用男性も多く人気も高いです。

料金もリーズナブルで、お財布にも優しいです(笑)

ですが、デリヘルは風俗嬢も女性によってはプレイ内容にばらつきがあります。

たまにプレイが適当な女性もちらほらいて、当たり外れがあるのが特徴といえますね。

ですから M女専門の風俗店があなたにはピッタリです。

完全なM女専門店なら 女性が自分から男性を責めることはまずありません。

SM店以外でも、単純にM女を集めたM女専門店は、数は少ないですがあります。

そのような店舗なら、女性求人もMの女性を募集しています。

本物のM女性とエッチなことをできるので、S男で責めが好きなあなたには おすすめの風俗店ですね。きっと満足できますよ。
 

【どうしてもセックスしたいなら】慣れてきたら出会い系でM女を探してみるのもいい

風俗 出会い系

風俗 出会い系M女専門風俗店も、ソープではないのでセックスはできません。

でも今まで挿入ありのソープに行っていたのは、やはりセックスしたいからですよね。

どうしても、女性を責めてからペニスを挿入したい・・・そのような気持ちがあるのなら、彼女を作るか 出会い系でM女をセフレにするのもいいですね。

彼女は作ろうと思ってできるわけではないので、セフレを作るのが一番手っ取り早いでしょう。

PCMAXのセフレ掲示板で、M女募集をしてみてください。意外とたくさんいますよ。

M女は責められて、気持ちよくしてくれるのが好きなのでたっぷり責めてあげて、お互い気持ちの良い一時が過ごせるはずですよ。

今回のケースでは【風俗店選び】がポイントだったことが おわかりいただけたと思います。

無理に、自分の好きなプレイを抑えてセックスするのは苦痛以外の何物でもありません。

気持ちの良いセックスをするには、考え方を変えてみてください。

自分の興奮するポイントを抑えるのではなく、存分に楽しむこと。

それが、セックスで満足のいく行為につながりますから。