結婚後はオナニーを封印!?マスターベーションはやめるべきか否か?

出会いない男 PCMAX失敗

結婚 オナニー34歳男性です。最近結婚して、妻と一緒に暮らすようになりました。結婚するまではずっと一人暮らしで、しかも童貞で、一人暮らしの間はほぼ毎日のようにマスターベーションに励んていました。
 
現在は妻と一緒に暮らしているので その存在が私をアダルトビデオから遠ざけております。セックスは気持ちがいいのですが、マスターベーションにもまたセックスとは違った快感があって、プロの女優さんの身体の使い方や喘ぎ声、男をイかせるテクニックで私は非常に興奮します。最近は一人になる時間も無く、なかなかアダルトビデオを見る機会がありません。結婚して妻と一緒に暮らしたら、マスターベーションは封印しないといけないのでしょうか?

マスターベーションの封印は必要なし!

結婚 オナニー
結婚 オナニー
結婚 オナニー

私は結婚3年目、現在旦那の実家のある海外に在住して1年になる主婦です。

この質問について結論から言いますと、マスターベーションは封印しなくて大丈夫です!

これは声を大にして言いたいですね。

どうして封印する必要があるのでしょうか?

もしオナニーをしちゃだめ!という奥さんがいたら教えてあげたいです、「誰しもたまには自分の時間を持ちたいですよ」と。

実際に私の旦那さんは毎日かはわかりませんが 普通にオナニーしてますよ。

オナニーはプライベートタイムで切っても切り離せないもの

結婚 オナニー
結婚 オナニー
結婚 オナニー

相談者さんに限らず、結婚するまではみんなそれぞれのプライベートタイムがあったはず。

それは一人暮らしだろうと、実家暮らしだろうと関係ないですよね。

そして結婚まで童貞だったかどうかはさておき、男性は必ずといっていいほどマスターベーションをします。

もうそれは男性なら切っても切り離せないものです。

これまで自由に使っていた時間が自分の思う通りに使えなくなるのが結婚ですが、自分の時間をたまには確保するのも大事です。

自慰行為自体に何かしらの罪悪感を感じていると余計にできなくなってしまいますが、これは日本人によくありがちな悩みで、自慰行為が恥ずかしいとか 相手がいるのに自分勝手な行為だとか思っているんですね。

しかし、そもそもそこが間違いです。

私の旦那さんは外国人で、セックスに対して日本人と違った考え方を持っています。

まず、マスターベーションを恥ずかしいことだとは思っていません。

マスターベーションはある意味 リフレッシュする時間です。

相手がいようといまいと そういうことは関係ありません。

私自身、相談者さんと同じようにセックスは気持ちいいですが、オナニーは自分でするのとはまた違う快感があるとも感じています。

女性にだって女性専用のアダルトビデオがありますし、アダルト漫画だってあります。

そういうおかずを見たり読んだりして妄想して・・・という作業は、相手ありきのセックスとはまた違う興奮があります。

アダルトビデオを夫婦そろって一緒に観覧して、お互い興奮してお互いそれぞれマスターベーションするっていうプレイもありますし。

とにかくそういった自分のプライベートタイムは結婚したって確保すべきです。

「私がいるのにひどい!」と言う女性は意外と多い

結婚 オナニー

相談内容から感じるに、なんだかまだまだ新婚で、あまり夫婦間でのセックスに対して お互い心を開いて話し合えていないように感じられます。

私たち夫婦を例に挙げると かなりお互いにオープンです。

「旦那のお風呂タイムがやけに長いな」と思った時に「もしかしてしてた?」なんて茶目っ気たっぷりに聞くと、素直に「そうだよ」と答えてくれます。

それぐらい性に関してもオープンです。

もし結婚してから日が浅くて、まだそこまでオープンになれないのであれば、隠れてマスターベーションしちゃいましょう!

もしばれちゃったら?

その時はちゃんと奥さんと向き合って話し合いましょう。

それでも奥さんが

私がいるのにひどい!
 
・・・とか言う人であれば、もうそれ以上は説得するのも難しいですから 隠れてするしかありません。 

日本人女性は「私がいるのにひどい!」となる人、意外と多いんです。

ここまで否定的であれば理詰めで議論するよりも、旦那さんが一歩引いた方が得策でしょう。

もし自慰行為を奥さんが許してくれなかったとしても、それ以外のところはもっとオープンに話し合える間柄になれるといいですね。

そのうちだんだんとお互いを理解していけるようになりますよ。だって夫婦ですから。

TENGA テンガ人気ランキング2018!年間で売れたベスト20はこれだ!
amazonランキング大賞(2018年間)に基づくトップ20の紹介です。 ■集計期間: 2017年11月13日~2018年10月31日