フェラホール【真実の口】肉厚舌パーツと歯の甘撫でで快適フェラニーをエンジョイ!

「真実の口」体験談!改めてあの意欲作「真実の口」と向き合う

27歳男性です。数あるオナホールジャンルの中で、主に口内を模して作られた”フェラホール”。

そんなフェラホールの一つである、「真実の口」という商品をレビューさせて頂きますね。

他のフェラホールには無い「真実の口」だけの特徴を挙げますと「単純快楽ではなく、精巧差とリアリティを追求した構造である。」これに尽きます!

そして、この特徴を具体的に表現したのが「ホールの口内部分に存在する、樹脂性の」これが「真実の口」の最大の特徴になります。

もちろん、喉奥には通常のホールの様な快楽構造が待っており、そちらをメインに使われている方も多いわけですが、今回は少し角度を変えたりもしつつ、改めて真実の口と向き合い、語ってみたいと思いますww

フェラホール 真実の口
フェラホール 真実の口

まず外観。

女性の口元を模して作られており、精巧さを売りにしているだけあってなかなかリアルな造形です。

彼女の顎に手を添え、頬を指で押し込むように力を加えてみます。

すると、柔軟素材を用いて作られてた頬肉が、本物と変わらない感触で押し込まれ、精巧な口内がくぱぁっと開きました。

フェラホール 真実の口
フェラホール 真実の口

唇の向こうで艶やかに光る白い歯… その向こうの穴から覗き込む、肉厚な舌…

そのリアル過ぎる造形が生み出す光景は、何ともオスの支配欲を満たし、情欲を昂ぶらせてくれます。

フェラホール 真実の口
フェラホール 真実の口

それほどオナホ歴の長い私ではありませんが、これほど視覚・触覚で興奮を感じたホールはありません。

「エロすぎるこれ…」

まず目だけでここまで興奮できるとは…。

早る気持ちを抑え、開かれた口にローションを注入してくのですが…。

注がれた液が唇から中を伝い、その舌に絡みついて光沢を放っている様はもう・・・それを見ながら1回できそうな興奮力ですww

その姿を見ていると、ちょっとした悪戯心が芽生えてきました。
 
フェラホール 真実の口
 
そこでまず指を入れてみる事にしました。

すると…これは、ちょっ! 

「え、こ、こんなに…?」

見た目では想像も付かない程の吸着力で、くっぷりと指を咥え込まれ、思わず小さな悲鳴を上げてしまいました。

そして指を咥え込まされた彼女の姿が何とも嗜虐心をそそり、まるで”奴隷”を手に入れた様な気にさせてくれます。

「わかったよ、使ってやるよ…。」

悪戯心はやがて支配感へと変貌を遂げました。

…はっきり言ってノリノリですww

そしてその興奮が、自慰行為にとって最高の調味料となる事は皆さんもご存知でしょう。

そしていよいよ、その入口にお邪魔させて頂く事にしました。

敢えて口を閉じた形のまま唇にモノを押し当てて、力を加えて押し当てていくと…

…痛っ!?

怪我を負うレベルではありませんが、通常版の真実の口に付いている、あの樹脂素材の歯が思ったより高刺激でした。
 
フェラホール 真実の口
 
なるほど~、これはひとクセありますね。

今度はローションを注いだ時の様に、顎に手を添えて頬を指で押し込み、口を開かせた状態でゆっくり進入していくと…

*ぞぞぞぞぞ* と快楽が沸き立ちます。

その正体は、樹脂素材の歯が亀頭の表面を軽く撫でた感覚でした。

歯の甘撫でという今まで経験した事のないアプローチが、まるで雷光のように私の身体を貫く快感となったのです。

その繊細な力調整は、他者からは容易に与えられる物ではないでしょう。
 
フェラホール 真実の口
 
そして、その体験が私にある閃きをもたらします。

(๑•̀ㅂ•́)و✧

口の中ほど…ホールとしては入り口に近い場所に、私はモノを滞在させ 微妙な手の力加減を探っていきます。

*ぐにぐに*

すると…、

力を加える場所や角度によって、樹脂素材の歯パーツと、肉厚の舌パーツを ある程度自在に動かせる事がわかりました。

もちろん、それなりの器用さが求められると思いますが、しばらく触れている内に段々と上達していき…

  • 「舌で裏筋から先まで舐めあげ、尿道をチロチロ」
  • 「歯の裏を優しくカリの裏側に当てがい、軽く捻りながら刺激」
  • 「竿の中ほどの歯で甘噛しながら、舌全体で亀頭の周囲をスパイラル」

・・・などといった複雑な動作も可能になっていきました。
 
フェラホール 真実の口
 
そしてそれは、今までどのホールでも味わった事の無い快感と多様性でした。

勿論、無事に達しました。

達し、また促され、達しを繰り返しました(爆)

一度の挿入で何度も達したホールもこれが初めてでした。

リアリティを追求した設計コンセプトによって、まるで必要悪の様に語られる樹脂製の歯。

想像以上に視覚的な興奮度を高め、行為を昂ぶらせてくれる事がわかりましたが、それだけに留まらず、扱い方によっては類まれな快楽効果を発揮するようです…。
 


 
・・・と、主に口内部分の使用感に焦点を当てて書いてみました。

自慰行為というのは自己追求的な面があり、試行錯誤の連続だと思われます。

その”試行”の部分を、これほどダイレクトに表現できるホールはなかなかないと感じますね。

「真実の口」は高刺激がお好きで、手先の器用さに自信あり!という方は是非お試ししてほしいフェラホールです。
 

真実の口をくわしく見てみる

フェラホール「真実の口」のスペックと口コミ
デリヘル嬢を相手する時はレビトラ(勃起薬)を使用しているのですが、そんな自分への治療で激しい手コキを自粛するべくオナホを使用しようと購入。すると薬を使用していないにも関わらず真実の口のあまりの気持ち良さでイク事が出来て自分でも驚いています。