Aスポットの場所は?Gスポットより感じるAスポ開発で濡れる体に!

Aスポットとは?

Aスポット 場所
 
Aスポット 場所Aスポットとは、比較的新しく発見された性感帯なのであまり聞きなれない人が多いかもしれません。

AスポットはGスポットの奥のほうにある膣内の外子宮口の下部にある窪みの部分で 正式にはアンティアリア フォーニクス エロジナス ゾーン 日本語で「前部円蓋性感帯」といいます。
 
 
Aスポットを開発することによって、愛液の潤滑性が高まり 濡れにくかったカラダが濡れるようになると言われています。

個人差はありますが AスポットはGスポットよりも気持ちがいいと感じられる人が多いということです。

パートナーのペニスがポルチオまで届かなくても、Aスポットを開発すれば深く中イキできるといわれています。
 


 


Aスポットはペニスや指で刺激できる位置にありますが、範囲が広いため 明確なポイントをみつけるのに時間がかかります。

そのため無理せず 気長にポイントを探しながら開発していくことが大切です。

開発方法はAスポットの部分を優しく撫でたり、リズムよく振動を与えたりしながら刺激します。

Aスポット開発はローターやバイブを使いますが、バイブを使う場合は、小さめの初心者用がおすすめです。
 

Aスポット開発体験談

Aスポット 場所

Aスポット 場所40歳女性です。私の主人のアレは大きいんです。普通の女性だったらイイナって思うのかもしれませんが、私は痛くて。

いつも痛みに耐えながらコトが終わるまでじっと耐えていました。行為から数日は微量ですが出血したり。ほんと夫婦生活は辛くて義務でしかなかったですね。

そんな時、派遣先の社員さん(10歳下!)と、ひょんなことから映画見に行ったりお茶したりするようになりました。一緒にいると楽しくて幸せで、すぐに身体の関係になるかと思っていたら、なかなか…。

いつも一歩手間で、「じゃ、またね。」って。私がオバサンだから、身体には魅力を感じないのかなー…って、さみしくもあり「まぁ、しょうがないかな」ってあきらめていました。

1年半がすぎ、ようやくホテルに行こうという話になりました。もうそのころには主人とは完全に仮面夫婦。夫婦生活もなくなっていました。それでも一線を越えてしまうことに、少し迷いは感じましたが、彼のぬくもりを感じたかったです。

さて、いざセックスが始まるという時になったらびっくり。彼のモノがとにかく小さいんです。「あれ?どこ?」・・・まぁ、これは言いすぎかもしれませんが、そんな第一印象でした。長年、主人の大きなモノしか見ていなかったのでギャップもあったのかもしれませんね。

本人も前の彼女さんにソレが原因でふられちゃったみたいで「小さくてごめんね」と謝られてしまい「自分のモノでは満足させてあげられないと思う」…と、とても気にしていました。「だから身体の関係になるまで、1年半もかかったのか~」と納得。

でも私は(かわいい~~!)と、内心思いながら、ツンツンしたりペロペロしたり。大きいモノので散々、苦しい思いや痛い思いをしてきたので、ベストサイズ!とさえ思いました。

そしてとっても幸せなセックスができましたとさ・・・と言いたいところなのですが、やっぱり、小さいものは小さいので、入っているのかなんなのか…「まぁ少し擦れている感じはあるかな…」という程度で。挿入以外の面では、ほんと上手に導いてくれたので 私は無事にイクことができたのですが。

そこからです「私はカレのアレだけでイきたい!」と特訓を決意。アダルトグッズを買って、膣の入り口から8~10cmの位置まで、入れては出し入れては出し…とにかく「この大きさがベストサイズであり、カレであり、私は幸せ!」と念じながら、毎晩オナニー。

最初は細すぎて入れている感覚がなく、こんなんで大丈夫なのかな…と思っていましたが、回数重ねるごとに段々と良い位置がわかってきました。

私の場合、無理にGスポットを刺激しようとせず、その上あたりにグッズを押し当てながら円を描くように動かすと気持ちよいことに気が付きました。3ヶ月位経つと、その細いグッズだけでもイケるようになりました。

毎日やっていると、体調によってイケる時とイケないときがあることがわかりました。私は生理直後がイきやすいみたいです。

次のデートで久しぶりのカレといざ合体!(お!入ってるー! ちゃんと感じられる~~ きもちい~!)日頃の特訓のたまもの?

入っているのもちゃんと感じられ、長さも太さも練習通り。良い位置にカレのが当たっていました。そして、ちゃんと彼のでイクことができたんです!

彼は、自分のモノだけでイカせてあげられた経験がなかったらしく、「ほんとに?ほんとにイっちゃったの?」って何度も聞かれました。

「イっちゃったよー 気持ちよかったよー。」って言うと、胸に顔を埋めて泣きはじめてしまいました。「よっぽど今まで不安で辛かったのかな」って。可愛くてイイコイイコしてあげました。

で、そんなこんな頑張っていたエリアをAスポットと呼ぶらしく…(笑)カレのが小さくて…と、お悩みの方がいらっしゃったら、ぜひAスポット開発を試してみてくださいね!

Aスポット刺激型でおすすめのバイブとローター

Aスポット 場所

AスポットはポルチオとGスポットの中間くらいに位置するため、あまり太めや長めのバイブより、初心者用の小さめなタイプがおすすめです。

トリニティー 恋する3点セット

Aスポット 場所

Aスポット 場所
Aスポット 場所
Aスポット 場所

ヘッド部分が付け替えられる便利なセットです。

3つのアタッチメントで責めたい部分を直撃でき、その日の気分でさまざまな刺激が味わえ、くの字曲がった「ハピネス」はしっかりGスポットやAスポットを刺激してくれます。
 

トリニティー恋する3点セットを見てみる

 

CICI(シシ)

Aスポット 場所

海外ブランド・SVAKOM(スヴァコム)の ヘッドがしなやかに曲がるスリムなスティックローターです。

シシはスティック状振動系アダルトグッズで勝ち抜きトーナメント戦を行ったらベスト4に入るほど高く評価できるかも…というくらいおすすめです。

見た目がなんとも地味なので「これがなんで?」といわれそうですが、ローターとしては総合的なバランス力が優秀です。
 

Aスポット 場所
Aスポット 場所
Aスポット 場所
 
万人向けの取り回し性能、加圧に応じて動く柔軟性の高いヘッド、ここ!という場所をピンポイントに狙い撃ちしやすく、体の奥まで響くようなパワフル振動なのに静音性、表皮はハイグレードなシリコン素材。

「これ一本あれば他のスティックローターは要らない」と思えるほどの実用性を考えると、CICI(シシ)はコストパフォーマンスが高く、おすすめです。
 

CICI(シシ)を見てみる

 

MONA WAVE(モナウェーブ)

Aスポット 場所

デリケートな部分に使うから優しい素材の物を使いたい!人の指使いのように滑らかな動き、優しい質感が安心して膣内に送り込めます。
 


 
舐めるような動き、時にはうねるような動き、そしてピストンするような動きと今までになかった優しい動きで快感を与えてくれます。

フィンガーテクニックを超えたスローセックスのような動きで、モナウェーブの魅力にメロメロな人が続出です。
 

MONA WAVE(モナウェーブ)を見てみる

プレデターワンド【マルチバイブ】

プレデターワンド
プレデターワンド
 
プレデターワンドはマルチタイプのバイブです。

本体が柔軟素材で包まれていて曲げる角度も自由自在です。

サイズは日本人に無理なく快感を損なわない最適な寸法として設定しています。

ピンポイントでバイブの先端を当てることができ、裏Gスポットの開発にもってこいです。

使い方によっては、膣内全てのスポットに対応できます。
 

プレデターワンド

肉厚のヘッド部と、柄のパイプ部分は柔らかなエラストマー樹脂で覆われ、人肌に優しいタッチを実現。
高い防水性能でメンテナンスも楽々。

プレデターワンド

本品の最大の売りであるフレキシブルパイプの柔軟性。
加えてヘッド部も膣壁に密着できるよう可変でき、様々利用スタイルが楽しめます。

プレデターワンド

脇腹や乳首などの前戯アイテムとしてもご利用頂け、アナル用としても芯がしっかりした柄が導入にスムーズに働きます。

 

プレデターワンド

バイブに求められる性能を、快感から再設計した次世代型のマルチバイブ。ポルチオ狙いに膣奥部へ差し込み、バッハローター譲りの強振動を与えるスタンダードな使い方のほか、自由に曲がる柄のフレキシブルパイプにより、上部に位置するGスポットへも的確にヒットさせます。

また、ピストンバイブとしても膣口に負担の掛からない細い柄は、痛みや不快を感じることなく、膣壁が擦れ揺らされるディープオーガズムに必須な条件を満たしてくれます。ピンクローターを筆頭とするクリトリス責めアイテムとしてだけ捉えたとしても、超弱~超強振動やパターン運動など49+1の複数の選択肢が用意され、手元に振動が伝わらず超静音設計などの基本性能含め、専用機以上の能力を持つことは間違いありません。

これら機能はアナル刺激に置き換えても同じく言えることで、快感要素である「擦り・振動・揺さぶり・ポイント責め」そのすべてを押さえるマルチバイブは、男女に熱く支持されるアイテムになることでしょう。

 

裏Gスポット

ポルチオ狙いの膣奥に届けるバイブレーション。
またその状態のままピストンすると、膣口に負担を掛けずに擦り刺激と揺さぶりが得られる、優秀なヘッドバイブとして活用できます。

裏Gスポット

この柔軟性を生かした最大の利用方法が、Gスポット直撃のパワフル振動。
クリトリスの裏側を責める刺激は、このバイブならではこその魅力。
更に、手首でひねり運動を加えると、振動しながら膣壁を擦る次元の違う快感が得られると、多くのモニターが悶絶するプレデターならではの使い方。

裏Gスポット

クリトリスへの刺激はお手のもの。
柔らかなゴムと静音設計で優しく遠くの世界へ誘ってくれます。
柄の自由性を活かして、一人エッチにも活躍してくれそうです。

 
プレデターワンド

 
 
プレデターワンドは別売りのR-1スターターセットに差し込むことで楽しむことができます。

大人のおもちゃR-1!アールワンコントローラーやアタッチメントとは?
R-1シリーズはメカの動きも振動刺激系のみならず摩擦刺激の回転系を取り入れたことで他のアダルトグッズの追随を許さない唯一無二のハイクオリティなおもちゃとして 10万人以上のユーザーの熱い支持を受けています。