喘ぎ声・バキューム・同時責め!彼氏が喜ぶセックステクニック6選

女性のみなさん、恋愛度を高めるセックスをしていますか?

男女の愛情を確認できるスキンシップは大切です。どうせならば彼氏を最高に気持ちよくさせて、夢中にさせましょう。

ここでは男性にワンランク上の快感を与えるために、リア充な20代~30代の女性に聞いた「男性を喜ばせるセックステクニック6選!」 をご紹介します。
 

ピアノ鍵盤タッチ~快楽を奏でるセックスピアニスト

喘ぎ声

彼氏の玉を舐める、指で触るなどの際に、玉の上をピアノの鍵盤をたたくようにソフトにリズミカルに何度かタッチします。ピアノで音を奏でるイメージです。

セックスの刺激というのはマンネリ化しやすいものですから、たまに新しい刺激や触り方があると感度がよくなります。体舐めやフェラと並行してやることも大事で、効果的な奇襲になります。

鍵盤する場所ですが、玉の袋の部分や付け根の当たりなど、どの部分がよい声を奏でさせるか、強弱・リズムも一緒に調節し、いくつか試してみてください。彼氏を人間楽器にするというのも一つのエッチスタイルかもしれませんね。

「彼氏の金玉をピアノタッチしたら、ビクビクして可愛い感じになった。すぐにペニスが固くなったけど焦らした」(飲食・30代女性)

 

「指もエロい感じでソフトになでて指で叩くと喜ばれる。フェラと違って疲れないのも良いです」(航空・20代女性)

 

「タン、タタタンとかリズムを変えながら、同時に乳首も舐めてます。バブル期に一度はやったテクニックらしいですよ」(会社員・30代女性)

  

 

男性への複数同時責め~セックスのマルチタスクに挑戦

バキューム

女性が3点責めを好きなように 男性も複数責めが好きなものです。経験が乏しいときはフェラやマッサージなど男性の1点を責めるので精いっぱいですが、慣れてきたら少しだけ心の余裕をもって複数責めしましょう。

「乳首舐め+ペニスマッサージ」、「竿フェラ+玉もみ+乳首つまみ」、「両手で乳首を摘みながらのフェラ」「胸をおしつけながら耳裏舐め+玉もみ+竿マッサージ」など、あなたのアイデアで愛のタッチバリエーションを広げてください。

ポイントは頭が混乱し、どこかがおろそかにならないように、一つをメインにして他方をサブにすることです。このメインとサブの力加減は相手の反応で変えていきましょう。

体勢をそれほど変えないわりには、バリエ―ションのある快感の変化をおこすことができます。

「一回やってあげたら、またおねだりされた。可愛くてこっちも濡れちゃいます」(外資・20代女性)

 

「自分の乳首と両手、舌をつかった4点責めをしてます。ガマン汁でてくるからそれをローションかわりにしてます」(百貨店・20代女性)

 
・・・などの実践コメントもあります。
 

挿入した瞬間の声のバリエーション~細かい配慮が成功の秘訣

同時責め

前戯も終わり、お互いの体もあったまってきました。いよいよ挿入ですが、その瞬間に女性的で上手く色っぽい声を工夫しましょう。

あなたはいつもどんな声をあげるか意識していますか?料理と一緒でほんのひと工夫でセックスの雰囲気は数倍よくなります。

いざ挿入!その瞬間の男性は意識を集中し、快感を得ようと全身で期待しています。人間は神経が敏感でいるときほど、周りの刺激を吸収する傾向があり、ましてや挿入の瞬間は少しでも快感を得ようと貪欲な状態です。そのチャンスを上手く使いたいものですね。具体的には

あ、あん❤
うっ❤
ひぃ❤
 
・・・などの恥ずかしい小さな声や

あ゛❤(濁音付き)
 
・・・などの衝撃が伝わる反応などがお勧めです。年上なら

おぉッ❤
 
・・・などのオ系列も人気とか。いやらしい顔の表情やのけぞりもセットにして盛り上げましょう。

NG系は「いっちゃう!」「あっ気持ちいいーー」などの激しい絶叫系です。わざとらしいとか、過剰演技とかと思われがちなので、それは後半に温存しておきましょう。

「小柄でかわいいと思われているので、ギャップ的に野太く激しい喘ぎにしてます。喜ばれているようです」(学生・20代女性)

 

「恥ずかしくて声をこらえているけど、ガマンできずに漏れるような言い方にしてます」(自営・20代女性)

 

「特に工夫していないのですが、自然に小さな悲鳴みたいなの出しています」(法律・30代女性)

   
 

膝小僧なめ~彼氏の体を探検して味わいつくす!

喘ぎ声

「積極的にいろんなところ舐めてあげると、すごく喜ぶ」(アパレル・20代女性)

 
 
体を全身リップして様々味わいのは良いのですが、あまり知られていない性感帯を集中的に責めて見ましょう。風俗や前の彼女に舐められていた性感帯よりも、マイナーな場所を刺激して、彼氏を新しい快楽に連れていくというのも乙なものです。

例えば、膝の下の当たりです。ここを舌と唾液でぺロペロなめてあげると、くすぐったいような、ゾワゾワするような不思議な快感が彼氏に伝わります。

ただ補助的に使った方がよいので、オーソドックスな乳首舐めやフェラ、ハンドマッサージからの不意打ち、援護射撃として使いましょう。新鮮味のある快楽ポイントで彼氏の感度はよくなること間違いなしです。

「膝とか新しいところ舐めるようにしてます。二人だけでセックスを研究している感じが良いです」(エステ・30代女性)

 

「膝とか脇とか変なところなめると、変な喘ぎあげるからおもしろくて、ついくりかえしちゃいます」(無職・30代女性)

 

バキューム口撃~痛みと快楽は紙一重!痛気持ちいいの快楽を味わう

バキューム

みなさんはお口の吸引力はありますか?もし自信が無いという人はなるべく口をすぼめて吸いましょう。それだけでも吸引力はアップします。

バキュームな口撃をする対象は彼氏の乳首や肉棒、玉などです。男性によって痛みの感覚や許容範囲は違いますので最初はソフトに、徐々に強くしてみましょう。

バロメーターは肉棒の硬さです。本当に痛くて嫌なら萎えることもありますし、痛そうだけど快感と入り混じっているときは一層硬くなります。彼氏自身も知らない痛みと快楽の領域に引きずり混むのも楽しいのではないでしょうか?

さてこのバキューム口撃ですが、最も効果的なのは金玉責めです。

男性の金玉は柔らかくて敏感な急所、それだけに少しの吸引力でも強烈な刺激になるのです。玉の球体部分を口に含んで転がして吸い込むようにしてみましょう。

最初は痛がり恥ずかしがる彼氏を癖にさせて、中毒にさせてください。くれぐれも歯は立てず、吸引の刺激で彼氏を気持ちよくさせましょう。

「彼氏の金玉責めはいつも楽しい。すごい勢いで吸い込んで、アクセントにペロッところがしてます」(公務員・30代女性)

 

「痛そうだけど、すぐにペニスがガチガチになるから、喜んでいるのがよくわかる」(ネイリスト・30代女性)

 

「玉をバキュームするといつも感謝される。お礼に念入りにクンニしてもらえます」(大学院生・20代女性)

 

臨場感のあるフェラ~時代は5D 五感を駆使したエロフェラで攻める

同時責め

「フェラの仕方はいつも研究していますね。まず嫌いな男はいないし、セックスもスムーズになります」(風俗・30代女性)

 

「むしゃぶるように野性的にすると喜びます。征服感を堪能してもらうというか、自信を取り戻してもらってます」(会社員・20代女性)

 
あなたは彼氏の喜ぶフェラをしていますか?ただ舐めるだけでは初級です。触覚だけしか使ってないですよね?「聴覚」「味覚」「嗅覚」も使いましょう。

いやらしいジュポジュポとした音で彼氏の「聴覚」も刺激、たっぷりの涎で「味覚」を感じさせ

美味しい❤
 
・・・と小声で言います。さらに

この汗の匂い、大好き❤
 
・・・と根元の匂いを嗅いであげます。

もし余裕があれば相手が見て喜ぶような「髪のかきあげ」や「上目使い」もいれて、彼氏の「視覚」も刺激しましょう。

セックスはフェラに始まりフェラに終わるという言葉もあるくらいです。是非、臨場感のあるフェラを試してみましょう。

名器でなくても彼氏を骨抜きに!百合川さらのセックステクニック大全集
男性がエロいと感じるセックスって?知識がなく想像だけで行動すると下品になり男性はドン引きします。それが好意を寄せている男性だったら致命的。それを分かりやすく動画で解説し現実に導いてくれる教材が百合川さらさんのhow to sex大全集です。